1. TOP
  2. 鉱泉分析法指針説明会

温泉経営管理研修会について

鉱泉分析法指針(平成26年改訂)説明会

平成26年7月1日に環境省より、新たな温泉の禁忌症、注意事項及び適応症が通知されると共に、鉱泉分析法指針(平成26年改訂)が公表されました。 今回の鉱泉分析法指針の改訂では,分析方法の見直しと共に,今まで鉱泉分析法指針では想定していなかった泉質の命名方法や温泉分析書作成上の注意点等が追記されました。 折しも,メーカーから,IM泉効計の本年10月末の保守サポート終了が案内されており,ラドン測定方法の変更について検討している機関もあると思われます。また,今回,禁忌症注意事項及び適応症だけでなく,療養泉の定義が変更されており,温泉分析書別表を作成する上で疑問があっても,専門的知識を有する医師が近くにいない機関もあるかと思われます。 説明会では、改訂された分析方法(ラドン直接法等)だけでなく、温泉分析書作成上の注意点や,新たな温泉の禁忌症、注意事項及び適応症について専門的知識を有する医師による説明を行います。 なお、本説明会は、当財団の単独開催であり、説明会参加を環境省が義務付けるものではございません。

■開催日時(プログラムはこちらPDF

【大阪】平成26年7月28日(月)10時から16時
【東京】平成26年8月4日(月)10時から16時

■会場

【大阪】 大阪科学技術センター 会議室(700号室)

アクセス http://www.ostec.or.jp/data/access.html

【東京】 東京国際フォーラム 会議室(ガラス棟 G409)

アクセス http://www.t-i-forum.co.jp/general/access/

■ 定員(定員となりましたら締め切らせていただきます)

【大阪】 --名(大阪会場は定員になりましたので締め切ります)  【東京】 100名(空き有りです)

■ 受講料・支払方法(昼食は含まれておりません)

16,000円(消費税込)
説明会前日までに指定する口座に振込みください。会場でのお支払いは受けかねますのでご注意ください。なお,やむを得ない場合,振込票の写しなど振り込んだことを証明できる書類をご提示ください。

■ お申し込み方法

参加申込書に必要事項をご記入の上,当財団までFaxで送信ください。確認後,受講票及び請求書を送付させていただきます。

■ 送付及びお問い合わせ先

公益財団法人 中央温泉研究所 第1部
Tel:03-3987-0751
Fax:03-3987-0755

■ 注意事項

受講料の返金はできません。代理の方に参加いただくようお願いいたします。代理の方が参加できない場合,当日使用したテキストをお送りし,受講料の返金に代えさせていただきます。
(C)Hot Spring Research Center